大津、三井寺

三井の霊泉

Cathy Cawood   によって

滋賀県の県庁所在地である大津市は、日本最大の湖である琵琶湖の主要港としても知られている。飛鳥時代には、ほんの短い間だが日本の首都でもあった。

平安時代に建立されたこの巨大な寺は、京都と滋賀間に連なる山々に挟まれた丘に建ち、ここから見下ろす大津や琵琶湖の眺めはこの上なく美しい。園城寺 (おんじょうじ) と名の付くこの寺は、通称 三井寺 (みいでら) と呼ばれている。三井とは3つの井戸という意味だ。お堂には様々な経典が保管され、伝説の梵鐘があるというこの寺を、寒い春の日に訪れ撮影した。哀しいかな、この寺の名高き桜の艶姿に浴するには少々早すぎた。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Cathy Cawood

会話に参加する