富士山と迎える鎌倉の朝

ホテルの窓を開けると赤富士が見えた!

Takako Sakamoto   によって

今年の2月下旬、青空の下に聳える富士山を観るため鎌倉を訪れた。しかし滞在先の鎌倉プリンスホテルに辿り着いた頃には日はとっぷりと暮れ、おまけになんと嵐! ゆえに旅行第1日目には何も見る事が出来なかった。翌日、たまたま朝の6時に目が覚めた。もう一度寝直そうと目をつぶった瞬間、自分が富士山を眺めるために遠路はるばる鎌倉くんだりまで出掛けてきた事を思い出した。急いでベッドから跳ね起き窓のカーテンを開けると・・・なんとピンク色の富士山が見えるではないか! 「これって赤富士?!」 と思いつつ、赤だろうがピンクだろうが構わない、富士山は富士山だ! と、カメラを鷲掴みにし、シャッターを切りまくった。悔しい事に空は霞がかっていてクリアーな写真が撮れない。とはいえ鎌倉に来た主要目的 -- 富士山を拝む -- ことを達成できた私は大満足だった。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
2
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto