横浜関帝廟

中国式の参拝にチャレンジ!

Tomoko Kamishima   によって

関帝廟(かんていびょう)は、後漢時代の武将・関羽(?-220)を主神として祀った廟です。関羽は『三国志』でおなじみですが、武勇に優れていたばかりではなく、信義に厚く、算術にも長けていたと言います。死後は神格化されて、關帝となりました。中国国内はもちろんのこと、世界中の中華街に関帝廟が建立され、華僑の人々の信仰を集めています。

横浜関帝廟では、中国式の長いお線香を上げ、ひざまずいてお参りをします。日本式に参拝しても差し支えないようですが、もし中国式にチャレンジしてみたいと思ったら、入り口でお線香を購入し、スタッフに聞いてみるとよいでしょう。参拝の順番などを丁寧に教えてもらえます。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する