横浜 象の鼻パーク

ヨコハマ・ベイエリアの公園 3

Tomoko Kamishima   によって

2009(平成21)年6月、横浜開港150周年を記念して、象の鼻の形をした突堤を中心とする臨海公園がオープンした。1859(安政6)年の開港時、現在の赤レンガパークと山下公園の間に、イギリス波止場とフランス波止場の二つの突堤が築かれた。イギリス波止場は、荷下ろしの際の波の影響を避けるため、弓なりに延長されていったため、『象の鼻』という愛称で呼ばれるようになったという。公園には、展望台やカフェ、弧を描くように立てられたパネルがある。日没後、パネルはライトアップされてロマンチックな夜景を見せてくれる。このシリーズのインデックスはこちら

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima