真鶴(まなづる)、その美しき岬

西神奈川の小さな美しい村落

Larry Knipfing   によって

小田原と熱海の間にある真鶴は、相模湾に突き出た小さな半島上に位置する平穏で小さな村だ。真鶴は主に高名な岬の名によって知られている。海に近いことからこの土地ではもっぱら海関連の産業が盛んだ。シーフードレストランやスキューバダイビング・スクール、そしてボートによる遊覧ツアーなどだ。豊かな森が海岸近くに聳え、有名な三ツ石(三つの岩)もある。人々はこの海岸沿いを散策するため、わざわざ遠方から足を運ぶのだ。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Larry Knipfing