鎌倉 山海堂

創業100年の日本刀ショップ

Tomoko Kamishima   によって

名刀に魅せられた人は、その刀身の美しさを忘れることができないという。あなたも日本刀の美しさを、一度自分の目で確かめてみたいと思ったことはないだろうか。気楽に入れて、しかも日本刀に実際に触れることができる店があったらいいのに。そう思っている方は、鎌倉大仏の門前にある山海堂(さんかいどう)をのぞいてみるといい。創業100年以上のみやげ物屋・山海堂は、みやげ物屋でありながら、実は、知る人ぞ知る日本刀の専門店なのだ。

店の奥には、美しい日本刀がずらりと並ぶ。宮本武蔵が所持していた名刀・上総介兼重(かずさのすけかねしげ)を始め、愛好家には垂涎の的である名刀が、各種取り揃えられている。最近では、日本国内だけではなく、世界各国から山海堂目指してやって来るほどの人気だそうだ。

『刀身部分はイミテーションですが、柄や鍔、鞘などは、すべて本物と同じ材料、同じ手間をかけて作ったものです。』オーナーは、穏やかな笑みを浮かべながら、楽しそうに説明してくれる。彼は本当に日本刀が好きなのだ。私はそれまで一度も日本刀に触れたことがなかったので、それがイミテーションだと聞いても、本物の刀とどこがどう違うのかわからなかった。それに、蛍光灯に照らされてキラリと光る刃の輝きは、怖くなるほど美しく、私には本当の日本刀のようにしか見えなかった。柄を握ると、ずしりと重い。恐る恐る構えてみた。ぴったりと両手のひらになじむ。社長は続けて言った。『店の品揃えは直感で決めるんです。これだ、と思って仕入れると、なぜかすぐに買い手がやってくる。不思議なことに、私とまったく同じテイストのお客さんがいるのですね。』その日も私がオーナーと話している間に、別のカウンターでは、2本の日本刀が売れていった。

山海堂の歴史

山海堂の歴史は古い。オーナーは店の奥から昔の写真を取り出して見せてくれた。『これは関東大震災以前の写真です。たぶん・・・1900(明治33)年頃。』セピア色の写真には、大仏境内で営業していた頃の店の前に、オーナーの家族が並んでいる。『この頃はまだ、うちは骨董屋だったんです。』当時は、主に壷や彫刻を扱っていたそうだ。しかし、1923(大正12)年の大震災で店舗は全壊し、その後、今の大仏門前に移ったという。幸い、以前の店の屋根の部分だけは無事だったため、再建時に利用することができた。その屋根は、今も山海堂の店を守っている。これは現オーナーの2代前の話である。

山海堂では日本刀の他にも様々なみやげ品を扱っている。

根付け

犬や羊、猿、蛇、牛、蟹、蛙など、木彫りの根付け各種

寄木細工

箱根の寄木細工でできたからくり箱(側面の板をスライドさせながら開ける秘密箱)

ハチマキ

日の丸印のハチマキには「一番」「合格」「日本」「必勝」など定番の文字が書いてある

しおり

竹の皮でできたしおりに富士山や舞子さん、龍、虎、大仏、歌舞伎の隈取りなどがプリントされている

日本人形

日本髪を結い、着物を着た人形や、サムライや忍者の人形などがある

鎌倉大仏に参拝したら、『大仏前』バス停の前にある山海堂にも、ぜひ立ち寄ってみていただきたい(店内の様子はこちらの映像でどうぞ)。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する