あわらの宿 八木

福井県のデラックス温泉旅館

Larry Knipfing   によって

「あわらの宿 八木」は、創業120年以上に及ぶ老舗旅館だ。福井県内でも広大な温泉地区である芦原温泉は、今でこそ活気あふれる温泉街だが、かつては何もなかった。そこに初めて出来たのがこの「あわらの宿 八木」なのだ。この宿には素晴らしい露天風呂、伝統的な日本庭園を望む美しいロビー、そして広々として快適な畳仕様の客室がある。宿泊した際、部屋食を頼んでみた。直に畳敷きの部屋に座って食べるのは少々難儀だったが、そんな難儀さを吹き飛ばすほどのサービスがここにはある。料理には、有名な福井特産の野菜やシーフードがふんだんに使われており、その味わいは驚くほど繊細だ。料理を運んでくれた仲居の女性は美しい着物を身にまとい、流暢な英語を喋る。これらのサービスが、私の滞在をより快適なものにしてくれた。2日目の夜、料理と共に地元名産の日本酒を頼んでみた。これがまた旨い! この夜、東尋坊永平寺での観光で疲れきった身体を引きずってホテルの部屋に辿り着くと、その疲れを癒すかのように、既に畳の上には布団が敷かれている。階下に降り、露天風呂を楽しんだ後、深い深い眠りにつけたことは言うまでもない。

福井県の北西に位置する芦原温泉には、2種類の鉄道が通じている。JR北陸線は芦原温泉駅で止まるが、この駅、実は芦原温泉街からは少し遠い。その点、あわら湯の町駅で止まるえちぜん鉄道は、温泉街のど真ん中に位置し、便利だ。「あわらの宿 八木」には、他のホテルも同様だが、駅からの送迎サービスがある。事前の予約がお薦めだ。しかし、駅からホテルまでは徒歩圏内なので、7月の涼しい夜、散歩がてら歩くのも一興だ。

芦原温泉地区では、いろんなことを楽しめる。芸者パーティーもその一つだ(芦原温泉芸者は日本国内でも有名らしい)。駅前には酒や料理を楽しめる店がたくさんあり、アミューズメント・パークやゴルフコースも近くにある。福井県の県庁所在地である福井市内からは電車で30分、この美しい田園地域を観光するのに絶好の出発点だ。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Larry Knipfing

会話に参加する