福井城址の夜桜

越前福井藩、松平家居城跡に咲き乱れる夜桜

Takako Sakamoto   2014/01/07によって

福井の桜といえば「さくらの名所100選」にも選ばれた足羽川並木の桜が有名だが、私は福井城址の桜が好きだ。かつては巨大だった福井城、越前松平家の居城で、徳川家康が本丸と二の丸の縄張りをした、と言われているが、今は石垣と内堀が残るだけとなっている。地元の人々の間では足羽川に並び、この地も桜の名所として知られている。4月下旬の桜の季節も終わる頃、夜桜を観に行った。はらはらと散る桜がお堀の水面に舞い、なんとも美しい。花の命も人の命も、死ぬる間際の乱舞こそ最も美しい、そして儚いのではないかと、ふと思わせる光景だった。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.