福井市美術館: アートラボふくい

長閑な福井に見る自然とアートの融合

Takako Sakamoto   によって

福井市美術館 ( アートラボふくい ) は、市民に美術鑑賞の機会と芸術作品製作の場を提供するため、1997年に創設された。館内3つのアトリエでは ( 成人用2つ、子供用1つ )、様々な芸術作品を創作して楽しむことができる。

この美術館では不定期に行われる特別展示のほか、第二次世界大戦動乱期のフランスで芸術を学んだ福井出身の彫刻家、高田博厚氏の作品を常設展示している。また美術館の建物は日本の著名建築家、黒川紀章のデザインだ。

開館時間は午前9時から午後5時15分まで、月曜と祝日の翌日が休館日だ。入場料は大人一人100円。美術館の敷地自体も大きいが、更に広大な下馬中央公園が隣接している。新緑に彩られた美術館と公園を散策するだけでも来る価値は十分にある!

福井市美術館ホームページ

 

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto