福井「あわら蕎麦」第二部

開花

Shozo Fujii   2014/10/15によって

福井県坂井市あわら地区の蕎麦は「あわら蕎麦」と呼ばれ、目下ブランドUPの活動中である。福井は蕎麦の産地で、全国的にも生産高は第6位。蕎麦が生育する9,10月、昼夜の温度差があり、夜にぐっと冷え込む紀蕎麦栽培はできるだけ痩せた土地が向いているというから、他の野菜や作物のように肥料で蕎麦の味わいが左右されるというより土質の影響が大きい。ワインでいうテロワール(風土や気象が総合的に加味された農業条件)だろう。この畑の状態は10月上旬。ここから3週間もすれば蕎麦の刈り取りである。収穫が楽しみだ。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー