福井「武生ナイフビレッジ」

伝統工芸の打刃物

Shozo Fujii   2014/06/16によって

福井県越前市にある「武生ナイフビレッジ」は700年の伝統を誇る越前打刃物のミュージアム兼工房である。その昔京都から刀匠が武生に入った。刀鍛冶の水を求めてである。在住の農夫に鎌を作ったところこれが評判となり、以来武生は福井の打刃物伝統産業の地となる。多くの伝統産業が後継者不足のために将来を憂う中、この「武生ナイフビレッジ」には若手職人が次々と加わり、海外の展示会へも積極的に参加するに及んで今やTakefuの名前は海外でもブランドとなりつつある。腕利きの職人の手による鍛造包丁はぜひ手にしたいものだ。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.