福井「武生ナイフビレッジ」

伝統工芸の打刃物

Shozo Fujii   2014/06/16によって

福井県越前市にある「武生ナイフビレッジ」は700年の伝統を誇る越前打刃物のミュージアム兼工房である。その昔京都から刀匠が武生に入った。刀鍛冶の水を求めてである。在住の農夫に鎌を作ったところこれが評判となり、以来武生は福井の打刃物伝統産業の地となる。多くの伝統産業が後継者不足のために将来を憂う中、この「武生ナイフビレッジ」には若手職人が次々と加わり、海外の展示会へも積極的に参加するに及んで今やTakefuの名前は海外でもブランドとなりつつある。腕利きの職人の手による鍛造包丁はぜひ手にしたいものだ。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー