菜の花天国、福井!

一面に広がる黄色の楽園

Takako Sakamoto   によって

鯖江市で鯉のぼりと桜水仙の饗宴を見た帰り道、田園地帯を運転中緑の中に何やら黄色い物が忽然と現れた。曇り空の下、眼前に広がる黄色がとても鮮烈だった。何だろう、と近付いてみるとそれは、緑の中に延々と果てしなく続く黄色い菜の花畑だった。この広大な風景の中で私はたった一人きりだった。もちろん不思議の国のアリスのような気分になったことは言うまでもない。無邪気な子供時代に帰り、菜の花畑でごろごろ転げ回りたい衝動に駆られたが、そこは哀しいかな大人の良識が頭をもたげ、なんとか逮捕は免れた。後に知った事だが、この菜の花は畑に鋤き込まれ米栽培の肥料として用いられるらしい。私なら米より断然花を選ぶ!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto