越前 花筐公園の紅葉

丘一面に繰り広げられる朱の乱舞

Takako Sakamoto   によって

福井県越前市にある花筐 ( かきょう ) 公園。この地は有名な世阿弥の謡曲「花筐 ( はながたみ )」の舞台となった場所で、この曲に因んで名付けられたのがこの花筐公園だ。謡 ( うたい ) の中では、第26代天皇に即位するため、当時暮らしていた越前国を離れ京へと向かった継体天皇 (507-531) と、越前に残された恋人、照日の前との恋物語が綴られている。地元では春の美しい桜と秋の紅葉の素晴らしさで有名な公園だが、県外から福井を訪れる観光客でこの場所を知っている人は稀だ。私がここを訪れた11月下旬、秋の行楽シーズン真っただ中の日曜日だというのに訪問客は少なかった。福井の、いや、日本全国の紅葉スポットの中でもこの公園、穴場中の穴場だ!

越前、花筐公園シリーズ
1. 越前 花筐公園の紅葉
2. 福井 花筐公園の「ふるさとの家」
3. 花筐公園: 岡太神社の拝殿
4. 花筐公園: 岡太神社の神輿殿
5. 花筐公園: 岡太神社の本殿
6. 花筐公園の山月楼と出雲大社
7. 花筐公園の金比羅神社

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto