雪解けの福井養浩館

春を告げる梅の花

Takako Sakamoto   によって

2月下旬のある晴れた日、養浩館を訪ねてみた。通常冬の福井に陽は射さない。朝起きる気力も萎えるのだがこの朝だけは様子が違った。窓からなんと陽が射している ! すぐさまベッドから飛び起きて向かったのは、やはりこの養浩館だった。

予想通り、養浩館はまるで想定外の春の訪れに狂喜乱舞するかのように、日差しを浴びて嬉しそうにしていた。雪が解け、梅の花がほころび始める。小鳥はさえずり、人々は晴れ上がった青空の下で春の訪れに期待を膨らませる。一年を通じて美しい養浩館だが、長い冬の終焉と共に全てが一斉に目覚めるこの早春の季節が一番美しいのかもしれない。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto