南蔵院

篠栗四国八十八カ所霊場総本山

Bradford Pomeroy   によって

南蔵院は福岡県粕屋郡の小さな町、篠栗にある。この寺に長々と寝そべる日本最大級の涅槃像を一目拝むだけでもここに来る価値は十二分にあるが、注目すべき点がもう一つこの南蔵院にはある。この寺、なんと四国八十八カ所霊場の福岡における総本山なのだ。四国で霊場巡りしようものなら徒歩で約3ヶ月もかかるが、ここ篠栗では徒歩なら3日、車なら1日で巡礼完了だ。各寺を訪れる際、町内のいろんな店で納経帳 ( 御朱印帳 ) を売っているので購入し、是非御朱印を押してもらおう。元々真言宗の総本山高野山にあった南蔵院だが、1899年篠栗に移転し現在に至っている。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Bradford Pomeroy