歴史で習った島原の乱の舞台・原城散策には自転車がおすすめ!

南島原で歴史に思いを馳せる

Miyako   によって

歴史で習ったことのある島原の乱。キリスト教徒が起こした農民一揆ですが、江戸時代、日本が鎖国をすることになったきっかけとなる歴史的大事件であり、知っている方も多いのではないでしょうか。

その舞台となったのが、長崎県の南島原市にある「原城跡」。

ここは2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産に登録された構成資産の一つになりました。

城といえども、その面影は今はまったく見られません。

そのため、より島原の乱を理解するためには原城を訪れる前に、有馬キリシタン遺産記念館に行かれることをおすすめします。

記念館で資料や映像などを見た後に原城の本丸に向かいましょう。

今は草原や畑となった広い敷地の中にある本丸ではすぐそばに案内所があり、無料でVRが体験できるタブレットが借りられます。(タブレットは日本語と英語に対応)

また、また、原城の敷地内はとても広く自然豊かなので、サイクリングで敷地内を回るのがおすすめ。

本丸の周りには駐車場はありません。

原城近くにある真砂というホテルのフロントでは、電動自転車がなんと無料でレンタルできます!

また、しっかり日本のキリスト教の歴史や島原の乱について学びたい方は、現地のガイドさんも手配できます。

南島原ひまわり観光協会では世界遺産コースがあり、有馬キリシタン遺産記念館と原城跡のどちらもガイドさんに案内してもらえますので、より詳しく歴史やその土地のことを学ぶことでできます。

ガイドさんは要予約。

南島原ひまわり観光協会のホームページや電話で予約が可能です。(日本語のみ対応可)

ぜひ南島原を訪れて歴史に残る島原の乱を学びに有馬キリシタン遺産記念館と原城跡を訪れてはいかがでしょうか。

行き方

島鉄バス:原城前バス停より徒歩15分。
国道251号線沿い、南有馬町に入ると案内あり

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Miyako

Miyako @miyako.naka

I was born in Hokkaido, raised in Nagasaki, have lived in U.S., Australia, Sweden and also traveled more than 30 countries.Through out my life experience both in Japan and abroad as well as interactions with people around the world, I realized how much I like traveling and how beautiful and unique my country is.As a Japanese, I feel to not only learn about my culture and history for myself but also deliver the experience and information of Japan I can share with people around the world.As a traveler, I had great experiences in other countries, and some countries are very accessible for international travelers.I'd like Japan to be the same, yet it's still developing as a tourism-oriented country and needs to improve some areas, I hope that my experiences and passion can contribute to both my country and international travelers.I also manage my SNS account "My Beautiful Japan" to share my pictures of Japan and explain what it is and give some ideas where to visit and what to see in Japan.Please check it out!Now I'm based in Nagasaki, which is located in western part of Japan, I think it's a great place to visit but not yet well-known to international people about the history and unique local culture, I'd like to share my knowledge and useful information as a local resident.Let's discover Japan together!

会話に参加する