京都・烏丸「伊右衛門サロン」

気軽な日本茶専門カフェ&バー

Shozo Fujii   2013/10/24によって

本木雅弘と宮沢りえが演じるサントリーのテレビCMは、京都の茶舗老舗「福寿園」の初代、福井伊右衛門の横顔を描いている。

その初代の実名を冠したペットボトル茶「伊右衛門」は、実際に福寿園厳選の京都・宇治の茶葉を使い、抹茶にも使える石臼挽き茶で甘みを出す製法と、サントリーウィスキーであまりにも有名な京都・山崎の名水を使うというこだわりで、2004年の発売でいきなり700億を売り上げた、大ヒット商品だ。

 その「伊右衛門サロン」の名前をさらにレストランにまで展開するところがいかにも、新しいことを「やってみなはれ~」のフロンティア精神旺盛なサントリーらしい。

このお店は京都地下鉄、烏丸御池からほど近い所に在る。

店内は軽いモダンアジアンテイスト。

奥のレストラン席の照明はほの暗い。

ゆっくり読書にふける女性。

談笑するカップルや女性たち。

ここでは、煎茶、抹茶はもちろんのこと、食事もお酒も飲める。

私はごちそうサラダに京漬物とビールをゆっくりと楽しんだ。

ここで楽しんだ「ごちそうサラダ」はレタス、グリーンリーフにベビーリーフがミックスされ、赤・黄のパプリカとゆで卵が彩りを添え、そしてふわりと生ハムが乗せられている。

このサラダの作り方が私はたいそう気に入ってしまった。

以来、我が家ではこの「伊右衛門ごちそうサラダ」の応用で客人をもてなしている。

 気軽に楽しめる素敵なカフェ&バー「伊右衛門サロン」である。

Shozo Fujiiさんによって書かれました。
ジャパントラベルのパートナー

会話に参加する