検索結果:114件
400年超の歴史を誇る日本の伝統芸能歌舞伎を、新装開店の銀座歌舞伎座であなたも一度体験してみてはいかがだろうか。
大塚国際美術館はユニークだ。なんと1,000点以上もの、忠実に再現された本物そっくりの西洋名画複製品を、全く同じ色、同じサイズで展示している。徳島の美しい景観を誇る鳴門公園内にあり、大鳴門橋のすぐ傍だ。
岩屋洞窟は、江の島の岩礁が、数千年の時をかけて波浪に浸食された後、度重なる地震によって海底から隆起し、現在のような陸上の洞窟となったものです
箱根旧街道は、江戸時代の旅人が辿った道である。大名行列が通り、ケンペルが馬で歩き、弥次喜多が旅した石畳。今日の日本において、400年前と変わらない道と景色を体験できる場所は数少ない。
箱根彫刻の森美術館は、1969年に国道1号線から強羅温泉に向かう箱根の山中に開館した。約7万㎡の芝地に120点余の彫刻が点在する開放的な美術館であり、自然の中を散策しながら、ゆっくりと野外彫刻を楽しむことができる。
盆栽(BONSAI)の聖地として盆栽愛好家に知られる「大宮盆栽村」の近隣に、平成22年3月に開館した世界で初めての公立の盆栽美術館である「さいたま市大宮盆栽美術館」。日本を代表する名品盆栽をはじめ、盆器、水石、絵画資料、歴史・民族資料などが公開されている。
「内水面センター」でアラレガコの養殖に向けた研究~「福井県内水面総合センター」は、小さな子供たちを連れて訪れることができる行楽としてもとても有意義な対象である。さらに興味深いのは、この内水面センターで「アラレガコ」の養殖に向けた研究を行っている点だ。とても美味なこのアラレガコ、生息数が激減しているため天然記念物(昭和60年・国指定)であるが、養殖で数が増え、いつか居酒屋のメニューに「天然記念物・アラレガコのから揚げ」が並ぶのが待ち遠しい。
思いがけない場所に、世界で最もユニークと言っても過言ではない美術館が建っている。徳島県鳴門市の大塚国際美術館だ。大塚製薬グループが建てたこの美術館、実は日本で2番目に大きい。しかし巨大さだけがその特徴ではない。この美術館最大の売りは、なんと展示品全てが複製品だということだ。