京都「大覚寺」

紅葉の時季の大沢の池

Shozo Fujii   によって

京都市左京区嵯峨野にある大覚寺は嵯峨天皇開祖による。当初は嵯峨天皇の離宮(別荘)であったが天皇崩御の三十数年後の貞観18(876)年、娘の正子内親王が離宮を寺院と改めた。しかし後年、亀山天皇や後宇多法皇が院政をこの大覚寺で行うなど日本史の中央にあったこともある。大沢の池は嵯峨天皇が中国の洞庭湖を模して造営したといわれ、遣唐使からもたらされた中国唐の様式(唐様)の影がそこかしこに見られる。大沢の池は単に大覚寺の庭園の装飾だっただけではなく、周辺の農地に対し灌漑の機能も備えていたことは付記しておかなければならない。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.