京都嵯峨野の水神さん

名も無き小さな稲荷

Shozo Fujii   2014/11/29によって

京都嵯峨野を歩いていると、「博物館さがの人形の家」の茅葺き門の道路斜向かい辺りに、うっかりすると見過ごしてしまいそうになる、小さな祠がある。石の鳥居にはその名前すら無く、石鳥居の奥に重なり立つ二つの朱門にも名前はない。地元の人に尋ね聞いても誰もその名を知らないという。ただ「水神さん」と呼んでいる、ということが分かっただけだった。農耕民族である我が国民にとって水は米の収量を大きく左右することから田の神と結びついて厚く信仰されてきた。稲荷大明神とは同じく農耕神という点で繋がるから、境内にある狐像はそれゆえに祀られているのだろうか。不思議な気が立ち込める境内であった。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.