京都「化野念仏寺」を巡り歩く~3

竹林を抜けて「六面六体地蔵様」へ

Shozo Fujii   2014/11/09によって

水子地蔵尊の横を抜け、竹林と多聞塀に脇を囲まれた坂道を上がると「六面六体地蔵」がある。この地蔵尊は新しいものだが、この「化野念仏寺」が石仏の寺であることを思えば、この地蔵尊に合掌することに得心がいくだろう。地蔵は我々の生活の中で一番身近な処にある仏様である。仏教では、迷いある者が輪廻するという。その迷いある世界を「六道」という。輪廻とは死後の世界ではなく、心の状態である。詳説は省くが、「天道」「人道」「修羅」「畜生」「餓鬼」「地獄」の六道で、六面六体地蔵はそれぞれの地蔵が迷える人々を救済するためにその六道にいるという。参拝者の罪障を洗い流してもらうために水を掛けて拝む。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー