京都「南禅寺」

梅雨の時季の濃密な緑を仰ぐ

Shozo Fujii   2014/06/30によって

京都市左京区南禅寺福地町にある古刹・南禅寺は京都五山および鎌倉五山の上に置かれる別格扱いの寺院である。日本中のすべての禅寺の中で最高の格式を有する。南禅寺の前身は禅林寺殿と呼ばれた。この寺殿には夜な夜な妖怪変化が出没した。無関普門が禅林寺殿に入り静かに座禅をしただけで妖怪は退散した。故に亀山法皇は無関を開山に請じたという。南禅寺で有名なものはいくつかあるが、歌舞伎の『楼門五三桐』(さんもんごさんのきり)の二幕目返しで石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」という名ゼリフはこの「南禅寺山門」が舞台だ。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.