京都「月読珈琲舎 月と金星」

等持院そばの陽だまりのカフェ

Shozo Fujii   2015/10/16によって

京都北野白梅町から始まる嵐電の旅は、各駅ごとに寺社仏閣やらへと通じているから楽しいのだ。一つ目の「等持院駅」へ降り立つ。等持院へは徒歩5分ほど。等持院参拝を終え駅へ戻ろうとしてふと見れば「月読珈琲舎 月と金星」という看板が目に飛び込んで来る。住宅のような、それでいてしっかりとした作りのカフェなので名前の不思議さにも惹かれて扉を押した。席に案内され座ると、隣のテーブルから占いの最中のような会話が漏れ聞こえてくる。そうなのだ。ここは占いが受けられるカフェなのである。そうかといって、コーヒーも美味しい。付け合わせには自家製の「オリーブ、クルミの砂糖煮」が添えてある。等持院で足利尊氏に思いを馳せ、その余韻を引きずっての月読珈琲舎での一服。ほっと和む一服を楽しめた。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー