京都: 豊国神社写真集

時を超え蘇った神社を訪ね、歴史に思いを巡らそう!

Takako Sakamoto   によって

京都東山の豊国神社には豊臣秀吉が祀られている。徳川家が大阪城を焼き討ちし、豊臣一族を滅ぼした時、この神社も危うく取り壊されるところだったが、秀吉の妻ねねの懇願により、何とか社殿は残った。しかし江戸時代の長きにわたり (269年間) 立ち入りは禁じられ、朽ち果てるに任せていた。1868年の明治維新で徳川が政権を失うと、明治天皇の命により再興される。詳細は別に書いた記事をご参照頂きたい。この神社の隣には、豊臣家の命運を決した悲劇の鐘が残る方広寺もある。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto