兵庫 淡路島国営明石海峡公園

四季折々の花を堪能

Lily Taki   によって

兵庫県の淡路島にある「淡路島国営明石海峡公園」では、年間を通して四季折々の花を観賞することが出来ます。春はチューリップやあじさい、夏にはインパチェンスやダリア、そしてひまわりなどの花が咲き誇り、訪れる観光客を楽しませてくれます。

淡路島国営明石海峡公園は、関西空港の埋め立て用土を土取りした跡地でしたが、その後「自然と人との共生、人と人との交流」をテーマに現在のような公園へと変化していきました。園内には「陽だまりの丘」や「子供の森」そして「天壇テラス」などのエリアがあり、大人も子どもも充実した一日を過ごすことが出来ます!

園内でもひと際目立つ存在の「花火鳥」は全長4メートル30センチもあり、阪神・淡路大震災の復興の想いを込めて作られました。訪れた際は、ぜひ家族やお友達などと写真撮影をおすすめします。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

30
0
Lily Taki

Lily Taki @u42574

Hello. My name is Lily. I love traveling not in Japan but also around the world! I grew up in Kanagawa prefecture.My hobby is to climb the mountains with my friends and do some outdoor sports such as scuba diving. I introduce you my favorite places here in Japan Travel!