塩釜水産物仲卸市場

卸売価格で買える新鮮シーフード

Tom Roseveare   によって

塩釜水産物卸売市場は、小さな港町塩釜の経済的シンボルだ。数千平方メートルの売り場面積を誇るこの魚市場では、新鮮な魚やシーフード類が格安の卸売価格で提供されている。この市場に来るためだけでも塩釜を訪れる価値は十分にある。市場には140以上もの店舗が立ち並び、プロの仲買人たちが競りを行うかたわら、一般客も無料で入場できる。市場は連日早朝から午後2時まで営業している (水曜定休)。

場内には一般客が新鮮なシーフードを食べられる店がたくさんあり、市場で買ったばかりの海産物を味噌汁やご飯とセットにして食べることもできる。市場の外には買いたての牡蠣やホタテ、他の貝類を焼いてくれる場所まである。焼きたての松島牡蠣を食べたくない人なんて、いるはずがない...よね?

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Tom Roseveare