防府市まちの駅「うめてらす」

道真公ゆかりの街、防府の観光拠点

日本最古の天満宮の参道沿いにある、みんなにやさしく便利な「まちの駅」です。

武家屋敷のような真っ白な壁が目を引く「うめてらす」は、カフェや食堂が軒を連ねる防府天満宮の表参道沿いにある観光拠点施設です。天満宮のご祭神藤原道真公が愛した花である梅と、人々が集うテラスのような空間であるようにとのことから「うめてらす」という名前になったそう。梅は防府市の花木でもあり、市民にとっては馴染み深い花なんだとか。

さて館内ですが、観光案内所とお土産コーナー、レストランが併設されています。お土産コーナーには梅をモチーフにしたグッズや、パステルピンクが可愛い防府ブランド「幸せます」グッズなど、他では見つからない防府ならではのアイテムが揃っています。レストランではランチはもちろん、ソフトクリームやタピオカドリンクのテイクアウトもOK。参道からまっすぐに伸びる商店街を散策する際にちょうどいいかもしれません◎

観光客には有料のレンタサイクルもおすすめ。周防国分寺や毛利氏庭園・博物館などへの移動時間が短縮され、防府観光の幅がぐっと広がります。

又「うめてらす」は隣接した広い駐車場や、授乳室やオムツ交換台があるなど、親子連れにやさしい設備になっています。防府市内には「防府市赤ちゃんの駅」と呼ばれるおむつ替えや授乳に便利な施設が点在しており、「うめてらす」もそのひとつだからなのです。休憩に、情報収集に、地域にひらかれたまちの駅に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

0
0
この記事は役に立ちましたか?
Help us improve JapanTravel.com
Give Feedback

Thank you for your support!

Your feedback has been sent.