徳島: 麺工房 わたる

鳴門ドイツ館に行く前に、「わたる」で腹ごしらえしよう!

Takako Sakamoto   によって

ゴールデンウィークに徳島を訪れたのは、日本映画「バルトの楽園」 (髭面の男達の音楽の楽園、の意) で有名になった、鳴門にある板東俘虜収容所跡を訪ねるためだった。宿泊先のホテルを出発し、徳島と鳴門を結ぶ新しい四国三郎橋を渡った私たちは、収容所跡に行く前に、麺工房「わたる」という店でランチを食べることにした。きつねうどんの巨大きつねを見た瞬間、「ああ、帰ってきた!」と思った。そう、徳島のきつねはビッグなのだ (写真参照)。板東俘虜収容所跡近辺にはあまり食べる店はないので、壮大な遠征に出掛ける前に、ここに立ち寄って腹ごしらえしよう!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto