くまモンスクエア

熊本県の営業部長くまモンに会いたい!

Yui Yamaguchi   によって

熊本県のシンボル、くまモンをご存じない方はないだろう。熊本空港に着いたとたん見かけるのはくまモンのポスター、スーパーの陳列棚にはくまモンのパッケージの地元商品、観光地ではくまモングッズのコーナー、実家に帰るとくまモンのスリッパ・・・と何処にいってもくまモンだらけである。

ただいま、日本全国で大人気のゆるキャラ、くまモン。熊本県の魅力をアピールすべく生まれ、2011年のゆるキャラグランプリでは全国でダントツの一位を獲得、知名度が一気に上昇する。熊本県の蒲島知事から営業部長、しあわせ部長に抜擢され、県内、国内、海外へと活動範囲を広める。くまモンによる経済効果は日本銀行熊本支店の試算で2011年11月からの2年間で1,244 億円にも上るという。愛くるしいくまモンの容姿は、3頭身の黒い図体に赤い頬ととぼけた表情が特徴で、これらは熊本城と同じ黒の体色、またメタボ気味の体型は熊本の名物を食べすぎたせいだそうだ。

さて、このくまモンもテレビ出演、展示会、学校・幼稚園訪問、祭事など多忙を極めているのだが、そんな中でもここ、くまモンスクエアでくまモンに会うことができるのだ。くまモンスクエアは熊本市内の繁華街、鶴屋百貨店の東館の1階にあるので、アクセスも簡単。あらかじめ、ホームページで出演時間を確認できるが、混雑が予想される場合が多いので、余裕を持って来場するとよい。

くまモンの登場時間が来ると、くまモン隊のおねーさんと一緒にステージにやってくる。くまモンはしゃべれないので、おねーさんが熊本弁で通訳してくれることになる。足が短いくまモンは、ステージに上手く上れず、つまずくので、そこでまず笑いを誘う。ここからおねーさんとのやり取りが始まり、おどけたり、笑ったり、すねたりしながら、来場の感謝の意を示してくれる。くまモンの体型からは想像ができないのだが、思いのほか身が軽く、色々な感情を跳んだり跳ねたり、おもしろおかしく体で表現して、来場者を楽しませてくれる。それから、くまモンとおねーさんは、新曲の説明や振り付けを練習の後、「くまモンタッチ」と「くまモン体操」を披露してくれる。熊本の子供たちはこの体操を熟知しており、くまモンと一緒に恥ずかしそうに体操する。ほほえましい光景だ。

ステージを終えたくまモンは自分の部長室に入り、自らブラインドを開けてみんなに中が見えるようにしてくれ、手を振る。その姿がとてもかわいくて、歓声があがる。営業部長、しあわせ部長の肩書きどおり、部長室には事務机、電話があり、棚には記念の写真や表彰状などが飾られている。平時はここで、決裁の判をついたり、今後の広報戦略を練っていることだろう。

部長室から出てきたくまモンは、来場者の周囲にやって来て、お別れのあいさつをしてくれる。この時が、くまモンと一緒に写真を撮るチャンスで、老若男女みんなに囲まれる。くまモンのファンは県内、国内、そして海外からも詰めかけ、プレゼントを渡す人、サインをねだる人などもみられ、くまモンはまさに時の熊である。

くまモンスクエアにはそのほか売店、軽食コーナーが設けられていて、くまモンスクエアのみで購入可能なアイテムもあるので、チェックしてみよう。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Yui Yamaguchi

Yui Yamaguchi @iyu.mura

Born & grew up in Kumamoto, Yui studied and worked in Osaka before immigrating to Australia. She lived in Adelaide and Sydney prior to moving to Brisbane. Her passion is reporting on the great things of Kumamoto and Japan to everyone around the world in a serious, interesting and funny way. Her favorite travel writer is Makoto Shina.   熊本生まれ、熊本育ち、大阪に学び職務経験を積み、オーストラリアに移住。アデレード、シドニーを経て、ブリズベン在住。熊本、また日本のすばらしいところを国内、海外にまじめに、面白、おかしく発信したいと思っています。好きなトラベルライターは椎名誠。

会話に参加する