金沢のお子様天国

子連れ家族が近江町市場で行くべき場所

Shunichi Koyama   によって

妻と私は春に金沢を訪れることにしました。金沢の兼六園や長町武家屋敷通り、ひがし茶屋街、主計町などの観光地に行くのが楽しみでした。

ですが、今回の旅行では当時9か月の生まれたばかりの娘と一緒でした。もうハネムーンではありません。赤ん坊と旅行に行くのは、おむつを替えたりお乳をあげたりなど家族で一緒に楽しめるようによく考えなくてはいけませんでした。

私たちは近江町市場のとてもいい屋内の遊び場を見つけました。この「ちびっこ広場」は近江町文化プラザの中にあり、子連れの家族は誰でも利用できます。娘が楽しく遊んでいるのを見ながら休憩できました。(そう、休憩はまちがいなく大事です)

ここには2つの遊び場があります。2歳以下の乳幼児のためのぞうの部屋と3歳以上の子供のためのきりんの部屋です。

どちらも場所の広さを見て驚きました。平日だったのでそんなに混んでいませんでしたが、他の子どもや家族もここでの時間を楽しんでいました。さらに金沢市以外のから来た人でも着いてから登録すれば誰でも使えるとスタッフから聞いて関心しました。だいたいこういった施設は地域の家族しか使えないのが一般的です。金沢市のおかげでこの施設は外国人であっても誰でも使えます。

キッズスクエアは10時から6時まで開いています。近江町市場のバス停、武蔵ヶ辻の前にある近江町いちば館の3階にあります。いちば館は2008年に近江町市場がリニューアルした時に建てられました。建物の中には70以上ものお店やレストランがあり、新鮮な魚介類や八百屋さん、レストラン、雑貨店やドラッグストアなどがあります。

行き方

金沢駅東口の第6ターミナルから兼六園行きシャトルに乗るか第7ターミナルから左回りの循環バスに乗ってください。
「武蔵ヶ辻 - 近江町市場」のバス停で下車(S1またはLL1のバス)。金沢駅から乗車した場合、近江町いちば館は降りたバス停の目の前にあります。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Miyako

Miyako @miyako.naka

I was born in Hokkaido, raised in Nagasaki, have lived in U.S., Australia, Sweden and also traveled more than 30 countries.Through out my life experience both in Japan and abroad as well as interactions with people around the world, I realized how much I like traveling and how beautiful and unique my country is.As a Japanese, I feel to not only learn about my culture and history for myself but also deliver the experience and information of Japan I can share with people around the world.As a traveler, I had great experiences in other countries, and some countries are very accessible for international travelers.I'd like Japan to be the same, yet it's still developing as a tourism-oriented country and needs to improve some areas, I hope that my experiences and passion can contribute to both my country and international travelers.I also manage my SNS account "My Beautiful Japan" to share my pictures of Japan and explain what it is and give some ideas where to visit and what to see in Japan.Please check it out!Now I'm based in Nagasaki, which is located in western part of Japan, I think it's a great place to visit but not yet well-known to international people about the history and unique local culture, I'd like to share my knowledge and useful information as a local resident.Let's discover Japan together!

Shunichi Koyama