横浜中華街

食彩の街を食べ尽くす

Tomoko Kamishima   によって

横浜中華街は、2500㎡に600店以上の店がひしめく食彩の街です。10カ所ある門のどこから入っても、そこは熱気に満ちたシノワズリーな世界。居並ぶレストランやテイクアウトの店々から飛び交う客寄せの声。カラフルでかわいい雑貨の店、テーブルを広げる占い師など、雑多な音が混じり合う華やかな喧噪。派手な看板と装飾過剰な建物の群れが、次々に目に飛び込んできます。横浜中華街は、街の中にある異次元の世界です。

世界の中華街の中でも、横浜中華街は最高の食を提供する街であると言われています。広大な土地をもつ中国。東西南北に広がる領土が生み出す地方色豊かな食材と、独特の調理法や味付けは、中華料理と一言で片付けることができないほど奥深いものです。中国旅行をしながら、国中に散らばった様々な食を楽しむということもできますが、すべてを味わうには相当の時間と経済力が必要です。でも、横浜中華街に来れば、その両方が大いに節約できます。ここにはあらゆる中華料理の店が、わずか数ブロックに凝縮されているのです。大きな胃袋と別腹が数個あれば、たった1日で、すべての味を楽しんで帰ることもできるのです。

ではどんな料理があるのか、概略をご紹介しましょう。

北京料理

中国各地から集めた食材を、宮廷料理人が様々にアレンジした「中国宮廷料理」がベースになっています。手の込んだ調理法、目にも豪華な飾り付け、洗練された美しい皿が特徴ですが、広義には家庭料理も含まれます。全般的に、小麦粉や獣肉を用いた料理が多いようです。代表的な料理は、北京ダック。アヒルを丸ごとオーブンでこんがりと焼き、その皮だけを削ぎ切りにして、千切りのネギ、キュウリとともに薄皮で包んで、甜麺醤(てんめじゃん)をつけて食べます。肉や内臓、骨は、前菜、スープ、揚げ物として調理していただきます。市民の家庭料理としては、饅頭(まんとう)や餃子(ちゃおず)などが代表例です。中華街では食べ歩き用の大きな肉まんが、街頭のあちらこちらで湯気を上げています。

華正樓本店]かせいろう

外観はやや地味ですが、中に入ると豪華な装飾に目もくらむほど高級感があります。一品料理とコース料理(5400円から21600円くらい+サービス料)がありますが、一番下のコースでもかなりのボリュームがあり、満足度は高いと思います。

上海料理

長江の河口域で、かつ海の恵みを受けた上海地方では、海鮮料理が主体です。酒、酒粕、醤油、黒酢、砂糖などを多用するため、味は濃厚で、やや甘みが強いのが特徴です。上海蟹(シーズンは10月−11月)、小籠包、上海炒麺(上海焼きそば)などが有名です。なお、あつあつの小籠包を火傷せずに食べるには、レンゲをお願いするといいでしょう。

四五六菜館]しごろくさいかん

明るく現代的な内装の、気軽なお店です。アワビ入りフカヒレスープ、車エビのチリソース、手鞠餃子がおいしいです。

広東料理

「食は広州にあり」と言われるほどに、広東料理の素材は多様です。ヨーロッパやインド、マレー半島など、海外からの調理法を取り込んだ料理には、チーズやカレー粉、サテソース、ケチャップなどが使われています。味付けはあっさりとしていて、素材のうまみを生かした料理が多いようです。酢豚やフカヒレスープ、海鮮チャーハン、飲茶などが代表例です。

萬珍樓]まんちんろう

聘珍楼(へいちんろう)と並び称される高級料理店です。味、サービス、価格ともに最高級で、ランチコースは2名から予約可能。昼は2800円から5500円位まで、夜は6000円から21000円位です。お得な麺・飯ランチは1200円からありますが、週末はデザートとコーヒーが付かないので、平日に利用されるのがよいでしょう。いずれも10%のサービス料は別になります。

四川料理

四川地方は高い山々に囲まれた盆地で、夏は高温多湿、冬は厳しい寒さが訪れる土地柄です。夏は発汗を促し、冬は体を暖めるために、唐辛子や花椒などの香辛料を多用した麻辣(まーらー)という、痺れるような辛さが特徴です。ご存知、麻婆豆腐、回鍋肉、乾焼蝦仁(エビのチリソース)、担々麺などが代表的料理です。

景徳鎮]けいとくちん

本場の辛さが味わえる気楽なレストランです。激辛は、臓器に響くほどの刺激があるので、体調を整えてからどうぞ。私は辛党ではないので、青椒肉絲(牛肉とピーマンの細切り炒め)や乾焼蝦仁を注文しますが、唐辛子、生姜、胡椒、ネギの風味がほのかに広がる絶品です。

台湾料理

四方を海で囲まれ、中央部には3000m級の嶺が貫く台湾は、山海の味覚が豊富な点で、日本料理と共通する点があります。また、医食同源の思想をもとに、体調を整えたり、病気を予防したり、さらには美容によい料理がたくさんあります。炒米粉(炒めビーフン)、八角の香りが漂う魯肉飯(台湾風豚の角煮飯)、空心菜の炒め物などが、人気メニューです。

青葉本館]あおばほんかん

とても家庭的な店です。二日酔いには緑豆とクコの実入りお粥、しじみ炒めに仙草ゼリー、風邪のときは酸辣湯麺と、体調に合わせた料理をお勧めしてもらえます。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する