江の島 岩屋洞窟

修行の場から人気の観光スポットに

Tomoko Kamishima   によって

岩屋洞窟は、江の島の岩礁が、数千年の時をかけて波浪に浸食された後、度重なる地震によって海底から隆起し、現在のような陸上の洞窟となったものです。江の島と岩屋に関する最も古い記録は、552(欽明天皇13)年の、『天皇の勅命により島の洞窟に神を祀った』というものです。この洞窟は、藤沢市によって管理され、観光スポットとして開発されたため、昔の素朴な面影は消えてしまったと嘆く声も聞きます。それでも、暗い洞窟の中にはどこか神秘的な雰囲気が漂い、大自然の力を感じずにはいられません。

江の島に恋した外国人

1869(明治2)年のある晩、28才の血気盛んな英国人の若者を乗せた蒸気船が、伊豆半島沖で台風に遭い、難破しかけました。高波は蒸気船を相模湾の海岸近くまで押し流していました。明くる朝、嵐が静まり、若者が恐る恐る甲板に出てみると、目の前には美しい江の島が姿を現していたそうです。若者の名前はサミュエル・コッキング(後に日英貿易に成功し、莫大な財を築く)。この時、一瞬にして彼は、江の島の魅力に取り憑かれてしまいました。

コッキングが目にしたのは、江の島の南西岸にあたる岩場で、ちょうど岩屋の付近だったようです。後に日本人妻を迎えたコッキングは、江の島の山頂に広い土地を購入し、最新式の設備を整えた植物園と別荘を建築しました。

修行の場から人気観光スポットへ

江島神社の社伝によれば、552(欽明天皇13)年、地震の後、一夜にして海底から出現した江の島の話を聞いた天皇は、洞窟に宮を建てるよう命じました。その後、奈良時代には修験者の役小角、平安時代以降は空海、円仁、日蓮などの僧侶が、洞窟に籠って修行をしたということです。また 1182(寿永元)年、源頼朝が鳥居を奉納したのをはじめ、江の島は時の権力者からの崇敬を集めました。江戸時代後期まで、江の島全体が神の住む聖域として守られてきたのはそのためです。やがて、庶民の娯楽として、寺社仏閣を参拝する物見遊山の旅が流行すると、江の島は人気の名所となります。広重北斎豊国などの浮世絵師が、こぞって江の島の絵を描き、それが更なる宣伝効果となりました。

岩屋見物のススメ

1971(昭和46)年3月、岩屋で落石事故が起こり、以後20年間は洞窟への立ち入りが禁止されていました。江の島で生まれ育った友人は、子どもの頃、岩屋は危険で恐ろしい場所だと言い聞かされてきたので、近寄ることさえできなかったと言っていました。仲間内でも勇気のある子だけが、岩屋の入り口まで行くことができましたが、それでも決して中には入らなかったというのですから、島民にとっても特別な場所だったのでしょう。

1993(平成5)年に、藤沢市が洞窟およびその周辺を整備して、岩屋は観光スポットとして返り咲きました。しかし、修験者らが修行をした場所、というような荒々しさはまったくありません。岩屋へのアプローチはコンクリートで舗装され、転落防止の手すりが張り巡らされています。さらに内部は、照明がつけられて、ミュージアムのようにパネルが展示され、石のオブジェやプラスチックの龍などが飾られています。

入り口で入場料を支払い、まずは左側の第一岩屋(152m)に入ります。江の島を紹介するパネルを見ながらしばらく進んでいくと、道は二つに分かれます。左側の洞窟をどこまでも進んでいくと、有名な地獄穴に出るらしく、さらにその先は富士山の鳴沢氷穴につながっている!という噂があります。次にパネルのところまで戻って、一度外に出ます。これが第二岩屋(56m)に通じる歩道ですが、やはり驚くほどきちんと整備されています。海風が気持ちよく、眺めも素晴らしいので、私としては、洞窟の中よりもむしろ、ここで時間を過ごしたいと思うほどでした。

江の島を訪れるなら、一度は岩屋洞窟へ行ってみることをお勧めします。岩をよじ上って突き進んでいくような大冒険はありませんが、ちょっぴり神秘的な地底の世界を見ることができます。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する