神奈川の鎌倉大仏

日本で2番目に大きい巨大大仏を拝もう!

Andre Moreira   によって

鎌倉の高徳院には、日本で2番目に大きい大仏がある。この大仏は1238年から1243年にかけて木造で建立されたが、その後大風により倒壊し、5年後銅製で復元されて今日に至っている。仏身の高さは11.3メートルで、観光客は仏像内部に入り、その構造を中から見ることが出来る! 余分に20円払えば (たったの20円だ!) 中に入れるのだ!  しかも、入場料を取り立てる人は誰もいない。礼節を重んじる観光客が自主的に支払って入るのだ。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
2
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Andre Moreira