福井「十十八」

地元ファンが連日押しかける、魚屋経営の居酒屋

Shozo Fujii   2015/01/05によって

十十八、と書いて「ととや」と読むこの店は、福井市の北部、高柳町の入り組んだ路地にある。当然、客は地元の常連さんがほとんどだ。人気がありすぎて女将は電話帳にも店の番号を載せていない。一見さんのお客に聞かれても教えない。5時開店と同時に席が埋まる。空いている席もすでに予約分だ。たまさかいきなり来て空席があったらそれはとても幸運ということになる。その人気の秘密は、とにかく、安い、美味い、速い、多い。とと、というのは魚のことで、お父さんが40年魚屋を営んでおり、店名の通り、魚が特に美味しい。唯一、惜しむらくは、全席喫煙OKということで、タバコの煙が苦手な人にはこの店は向かない。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー