福井「越前和紙の里 紙の文化博物館」

和紙の歴史を学ぶ

Shozo Fujii   2014/06/18によって

福井県越前市にある「和紙の里博物館」は、和紙の歴史と越前和紙の歴史が詳しく展示解説されている。日本初の和紙は越前(福井)で製造された。以来その品質の高さにより、千年以上にわたって幕府の奉書・朱印船貿易の朱印状など、正式文書に越前和紙が用いられてきた。越前和紙の製造工程はほとんどが手作業だ。故に熟練の技が求められる。その生漉奉書技法を極めた岩野市兵衛(人間国宝)、墨流し技法の福田忠雄(県無形文化財)、日本画紙という分野を創始した岩野平三郎(県無形文化財)らの功績は計り知れない。今日も若い職人達が続いている。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー