鹿島神宮

楼門~拝殿

Lily Taki   によって

茨城県鹿嶋市にある「鹿島神宮」は、常盤国一宮の神社です。千葉県香取市の「香取神宮」と茨城県神栖市にある「息栖神社」とともに、東国三社と呼ばれています。

鹿島神宮の創建は、初代神武天皇の時代であると伝えられています。約70ヘクタールもある広大な境内には「楼門」や「本殿」、そして「拝殿」などがあり、国の重要文化財として指定されています。1634年に創建された楼門は立派な佇まいで、日本三大楼門の一つです。楼門の扁額は、東郷平八郎による書です。香取神宮の楼門にも、東郷平八郎による扁額が掲げられています。

楼門をくぐると、右側に「拝殿」があります。拝殿は通常であれば南向きに建てられますが、鹿島神宮では北向きに建てられています。

<鹿島神宮シリーズ>

(注:鹿島神宮は2020年4月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休業しております。再開時期については公式ホームページをご参照ください。)

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Lily Taki

Lily Taki @u42574

Hello. My name is Lily. I love traveling not in Japan but also around the world! I grew up in Kanagawa prefecture.My hobby is to climb the mountains with my friends and do some outdoor sports such as scuba diving. I introduce you my favorite places here in Japan Travel!