野沢温泉スキー場 in 長野 - Nozawa-onsen!

雄大な絶景と変化に富むコース、良質の雪がスキー通・合宿・International skierに人気!

Yoshie    2014/03/31によって

野沢温泉スキー場は、自然の独特な地形を生かした変化に富んだコースと、長野の高い山々にぐるりと囲まれた息を飲むような雄大な絶景が楽しめ、海外のスキーヤー・スノーボーダーからも高く評価されています。2015年春には北陸新幹線開業によりアクセスが便利になり、これからますますポピュラーになりそうな注目のホットなスポットです。

野沢には大型のホテルがなく、古くからの情緒豊かな起伏のある小路がめぐる街並みに、小型ホテル、旅館等が立ち並び、近年ではその中に外国人観光客をターゲットにした、モダンで超スタイリッシュなコンドミニアムやバーができています。街中には無料の13の外湯が徒歩圏内に点在し、遅くまで営業している地元の飲食店も多いのでスキーの後に外出し、バー/居酒屋や足湯を含む外湯めぐり、源泉の麻釜などのちょっとした観光、道すがら土産物屋で温泉卵やお焼きを買って食べながらの散歩、日本酒の試飲、カラオケなども楽しめます。村営のスキー場なので、地元が協力して盛り上げようと活気づいている雰囲気が伝わりなんだか楽しい気分になります。今回私たちは民宿からフランス人建築デザイナーによってスタイリッシュに生まれ変わったという、コンドミニアムタイプのアドレス野沢に泊まりました。

スキー場へはほとんどの宿から歩いて5-10分程度で、2つのゴンドラ、フード付きリフトもあるので非常に便利です。コースはビギナーから上級者まで存分に楽しめるデザイン。特に上級者は急斜面・モーグルコースが豊富なので、練習にもなり大学スキー部の人気合宿場所にもなっています。長野オリンピックのバイアスロン会場もクロスカントリーコースとして利用できます。

場内にはランチスポットが沢山あり、12人乗りの長坂ゴンドラの到着駅にはベーカリーもあってとても流行っています。また、ニセコに並び、近年外国人(特にオーストラリア・ニュージーランド人、またアジア各国など)の人気スポットで、DJのような軽快な英語の場内アナウンスや、外国人スタッフがリフトで働いていたりしてインターナショナルな雰囲気にびっくり!日本の国際化は今や長野や北海道のスキー場からと言っても過言ではないでしょう。

おすすめは、感動の絶景が楽しめる3.5kmの中級「スカイライン・コース」、オールレベルが楽しめる5 kmの長い散歩「林間コース」、名前の通り「パラダイス」な気分を楽しめるワイドなゲレンデ、またスノーボーダー人気の非圧雪コースも沢山!霧氷が美しい頂上付近の「やまびこ」ゲレンデは圧雪したての朝1番に是非滑りたいコースです。名前の通り「チャレンジ」な急斜面コースもオススメ!通のスキーヤーやスノーボーダー、またワイドな緩斜面も多いので初心者や家族連れも満足するスキー場と言えるでしょう。良質で豊富な雪、温泉めぐりが楽しめる是非訪れたいスポットです。

●スキー場データ:標高1,650 m / 565 m(標高差1,085m)、ゲレンデ/コース面積297ha、最長滑走距離10km、ゲレンデ/コース数36・スノーパーク・ハーフパイプ、最大傾斜39度

Yoshie さんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー

会話に参加する