熱海 MOA美術館

琳派の匠 3  尾形光琳

Tomoko Kamishima   によって

一年で最も寒いこの季節、静かに春の到来を教えてくれるのが梅の花である。熱海のMOA美術館では、ちょうど紅白の梅がほころび始める時期に合わせて、毎年、尾形光琳の『紅白梅図』を公開する。金屏風に描かれた光琳の梅と、美術館の梅園に咲く梅の花。2月の熱海を訪れたなら、春の気配を感じる二つの梅を訪れてみてはいかがだろう。

MOA美術館

静岡県熱海市のMOA美術館は、JR熱海駅からバスで10分。海の見える小高い丘の上にある。日本の作品を中心とした東洋美術の粋を集めたコレクションは、絵画、書、陶磁器、螺鈿細工や金工品など多岐にわたる。

美術館の建物に入り、誰もが驚くのは長いエスカレーターだ。半円形の天井はカラフルな色彩にライトアップされ、上っていくと、建物の奥に吸い込まれていくかのように感じる。3回エスカレーターを乗り継いだ後、ようやく丘の上の美術館の本館に到着する。相模湾を望むロビーからは、すばらしい景色を見渡すことができる。

展示室に入る前に、まず能楽堂と金の茶室に案内される。金の茶室は、豊臣秀吉の組み立て式の茶室を再現したもので、京都御所内の小御所に設えたと伝えられている。秀吉は、ここで正親町天皇に茶を献じたという。

なお、展示室は5つのセクションに分かれており、展示品は随時入れ換え制なので、お目当ての作品が展示されているかどうかは、事前に問い合わせて確認したほうがいい。

梅園は、美術館の入り口からスロープをわずかに下ったところにある。なだらかな丘陵の小道には、38種類280本の梅の木が枝を広げている。中ほどに小さな茶屋があり、お抹茶と干菓子をいただくことができる(500円)。

光琳屋敷(復元)

美術館の庭園内に、尾形光琳が最晩年を過ごした京都の屋敷が再現されている。1712(正徳2)年に建てた家を、光琳自ら描いた図面と、大工の仕様帳を元に復元したという。晩年の5年間を過ごしたこの家で、光琳は『紅白梅図』を仕上げた。

尾形光琳(1658-1716

光琳は、江戸時代初期に、京都の染織・呉服の豪商「雁金屋」の次男坊として生まれた。幼い光琳の周りには、古典柄や流行の模様があふれており、ごく自然に、日本の造形美に触れて成長した。

子供時代の光琳は、着物の図柄を描いて喜ぶものの、それを真剣に学ぶというようなことはなかったという。1687(貞享4)年、父・宗謙が亡くなると、長男が雁金屋を継ぎ、次男・光琳と三男・乾山(陶芸家)にも莫大な遺産が残された。しかし光琳は遊里に出入りする享楽の暮らしを続け、わずか5年で遺産のすべて遣い果たしてしまう。1693(元禄6)年には、家屋敷さえ処分するほどの困窮した生活を送っていたが、生来の浪費癖は治らず、弟の乾山からも借金をするありさまだった。一方、乾山は地道な努力家で、陶芸家としての地位を固めつつあった。

1697(元禄10)年頃、光琳は7才年下の多代と結婚し、三人の男子を授かる。これまで、金のために絵を描くということに抵抗があった光琳だが、妻子を養うためには絵を描くより他になかった。光琳は絵師としての仕事に専念したが、尚も収入以上に消費する暮らしはやめられず、常に経済的不如意に苦しんだ。

1704(宝永元)年頃、光琳は江戸に居を移した。中村内蔵助や江戸の材木商・冬木家をパトロンとして絵を描くためであったが、1707(宝永4)年には、姫路藩主・酒井家から十人扶持を与えられ、専属絵師となった。この酒井家から、50年後に酒井抱一が誕生し、光琳が酒井家に残した絵を見て、絵師としての才能を開花させるのである。しかし光琳は、酒井家の屋敷に行って、毎日数幅もの注文画を描かねばならない生活に消耗してしまう。結局、1709(宝永6)年頃から、時々京に戻って自由を満喫するようになった。そしておそらく、この頃に俵屋宗達の『風神雷神図』を見て模写を行ったのではないかと考えられている。光琳は宗達の絵から多くを学んだが、それ以上に、自己の本質を自覚し、本当に描きたいものを発見した。

1712(正徳2)年、光琳は京都に戻り、京都の新町通り二条下ルの地に 終の住処となる屋敷を建てた。この家の二階で生まれた『紅白梅図』は、絵師・光琳の集大成であった。

『紅白梅図』(MOA美術館蔵)

強烈な印象を与える中央の黒い流れ。そしてその両脇に咲く若木の紅梅と老木の白梅。光琳は対照的な二つの梅の木に、いったい何を語らせようとしたのだろうか。

向かって右側の紅梅を見ると、小さくとも太く、若々しい幹には、力強さと活力がみなぎっている。空に向かってまっすぐに伸びる枝には、何にでも真剣で、直截な若者のエネルギーが表現されていると言えるだろうか。また、ふっくらとした深紅の花弁は、あでやかで生命力がある。そこには、若い頃の光琳が持っていたすべてが描かれている。大店の御曹司としての栄光や、経済的に不自由のない暮らし、そして好きな絵を描く時の真剣な心などであろうか。

一方の白梅は、老いを示すような根元の瘤と、やせ細って屈曲した枝が老境を思わせる。薄く、繊細な白い花は、老いて気難しくなり、敏感すぎる気質を身につけてしまった光琳の自虐的な一面と、卓越した技と細心の仕事で究極の美を表現した自信、両者を写し出しているのかもしれない。そこには、己を知った光琳の、芸術家としての成熟が示されていると言えるだろう。

さて、中央に流れる暗い川は、緩やかに蛇行しながら先細っていくのか、それとも、小さな流れが大河となって海に注ぐさまを表したのか。いずれにしても、光琳の紆余曲折の人生を示唆しているように見える。

しばらく絵の前に座っていると、光琳がつぶやいているような気がした。『わしが思うに、人生ってのは、まあこんなものじゃないかね。』この作品は、光琳が最晩年に描いたものである。

尾形光琳のその他の作品

『風神雷神図屏風』東京国立博物館

『燕子花図屏風』東京根津美術館

『八ツ橋図屏風』メトロポリタン美術館

さて、光琳の『風神雷神図屏風』は、風神が天上で風を起こし、雷神が地上に雷を落とそうとしている金屏風図である。両神とも楽しそうに仕事をしているのが印象的だ。原図は宗達の『風神雷神図屏風』であり、光琳以下、酒井抱一、鈴木其一なども模写を残している。異なる時代に生きた4人の絵師が琳派と呼ばれる理由は、この模写を通じて学ぶスタイルにある。

琳派の匠シリーズについて

琳派とは、16世紀に始まった日本絵画の流れを指しますが、当時からそう呼ばれていたわけではなく、今日振り返って付けられた名称です。大胆な構図、装飾的かつ繊細な筆遣い、余白の美を追求する表現様式が、琳派の画家たちに共通しているようです。琳派の作家は、私淑という形で、過去の巨匠の作品に学び、そこから独自の美意識へと到達していく傾向にあります。このシリーズでは、琳派として紹介されることの多い5人の匠について、順次ご紹介していきます。

1本阿弥光悦(ほんあみこうえつ1558-1637):京都 光悦寺

2俵屋宗達(たわらやそうたつ1570?-不明):京都 建仁寺

3尾形光琳(おがたこうりん1658-1716):熱海 MOA美術館

4酒井抱一(さかいほういつ1761-1828):東京 向島百花園

5鈴木其一(すずききいつ 1796-1858):朝顔への情熱

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する