檜原村の秘境

払沢の滝と神戸岩

Sachiyo Kimura   2015/02/06によって

東京都の本州における唯一の村、檜原村は都心から約1時間30分で行ける自然豊かな村です。川遊びや渓流釣り、キャンプなどが楽しめる檜原村で最も知られた観光地が「払沢(ほっさわ)の滝」 です。

「払沢の滝」 は「日本の滝 百選」にも選ばれている滝で、全4段、合計60m。

滝壺周辺から見える最も下段の滝は落差26mにもおよびます。滝壺にはかつて大蛇が棲んでいたと伝えられており、透明度の高い水が美しく涼やかな空気を感じられます。

渓流沿いの遊歩道の空気は清々しく、木々と苔と水の流れがおりなす景色は神秘的。滝までの道のりは、ちょっとした秘境探検気分があじわえます。

檜原村にあるもう一つの秘境スポットが「神戸岩(かのといわ)」です。「神戸岩」は峡谷の長さ60m、谷底の幅約4m、高さ約100m。「神戸」というのは大獄神社の入口であるという意味でつけられたそうで、水脈の力と大地の気が重なる自然の気が強いパワースポットです。

神戸岩の渓谷内へは岩壁にたてかけてある梯子を上がって入る事ができます。岩壁つたいに刻まれた狭く険しい小道を、壁に設置されている手すりのチェーンを掴みながら進む渓谷散策は、とてもスリリングでエキサイティング!

高さ100mにも及ぶ断崖と間近に見る深い谷、渓流は自然の力を感じられる情景です。渓谷内は足場が不安定なので、足元に気をつけて、滑りにくい靴を履いていくことをお勧めします。都心から1時間30分で行ける自然にあふれた檜原村へ週末にぷらっと、秘境探検の旅に出かけてみませんか?

交通:●払沢の滝/JR五日市線 武蔵五日市駅からバスで約30分「払沢の滝入口」下車/駐車場あり●神戸岩/JR五日市線 武蔵五日市駅からバスで約30分「神戸岩入口」下車 徒歩約30分/駐車場あり

Sachiyo Kimuraさんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー

会話に参加する