検索結果:12件

フランス料理店「ジャルダン」

黒味さんのフレンチはとことん、福井(日本)とフランスのフュージョンなのです。それは彼だけが創造しうる世界です。彼の人柄そのものの反映とも言うべき、限りなくやさしく、深く、想像性豊かで、刺激的な料理と形容できるでしょう

京都祇園のフレンチレストラン「グレロ」

グレロのドアを開けると、およそ6畳ほどの小さな空間はカウンターテーブルで2つに仕切られている。ホール側には椅子が6脚。その向こうには厨房。つまり、グレロでは前田シェフの手さばきの始終を観ながら食するということになる。料理やワインを供するために近寄ってくるシェフとの距離は最近で70センチ。彼の笑顔も暖かさをたたえた目もくっきりと見える距離だ。くつろいだ和やかさの漂う店内の空気にあって、料理は高度さを極めたフランス料理の伝統技法に支えられて、どのメニューを食べても作り込みに隙がない。そしてそれらがまた構えていないのである。

横浜 山手十番館

横浜山手には、港の見える丘公園や山手本通など、ゆっくりと歩きたい場所が多い。山手十番館は、山手本通の外国人墓地向かいにある洋館で、散策の合間に、ほっと一息をつくのによい場所である。 山手十番館 昭和42年に創業した山手十番館は、2階建ての洋館で、1階がティールーム、2階がフレンチレストランになっている。1

フランス料理 ビストロやま

彩の国さいたま劇場内にあるビストロやまは、観劇を楽しんだお客様や、劇場関係者が多く訪れるフランス料理店。演劇公演中であれば、その期間、演目にちなんだ特別メニューが食べられる。オーナーこだわりの「新鮮で旬な食材」を楽しめる、色鮮やかなフランス料理を、芸術とともに味わってほしい。

京都・祇園「ケザコ」

ケザコは正統派フレンチの伝統の技は料理テクニックとして活かしつつも、真空調理法によって新しい味の楽しさを融合させようとするオーラが感じられるレストランなのである。食材の使い方や盛り付け方に、「こういう方法があったか!」と、嬉しい驚きの店だ。