検索結果:18件
夕暮れ時に神戸元町中華街に薄暗く灯る街灯は、オリエンタルムードを更に深めている。
茶屋の紹介者など周囲にいない御仁が祇園の茶屋で舞妓芸妓を上げて遊ぶにはどうすればいいか。実は「おおきに財団(京都伝統技芸振興財団)」という方法がある。
祇園に限らず花街は大きく分けて「仕出屋」「屋形(置屋)」「茶屋」の3つで構成されている。
クリスマスの神戸、歴史情緒漂う北野では、クリスマスイベントの呼び物の一つとして、サンタクロースの人形を古い西洋館(異人館)に設置する。
古都京都の印象として圧倒的に人気を博しているイメージ。それは、夕暮れの東寺のシルエットと、舞妓芸妓の姿であろう。舞妓芸妓と彼女たちの舞台である花街(かがい、と読む)は数百年にも渡って磨かれ続けてきた京文化の粋である。
箱根の春は、東京・横浜より1-2週間遅れてやってくる。都会の桜を見逃してしまったら、恩賜箱根公園の豆桜を見に行ってみるのはどうだろう。豆桜は、枝振りも花も小さくてかわいらしい桜だ。
ゆるい傾斜の舗装されていない路はサクラ並木と提灯で飾られ、いつの季節に歩いても気持ちのよい気分にさせてくれます。時間をかけて散歩し、鎌倉をゆったり楽しんでみませんか。
京都の天龍寺、春の吉兆を招ぶ寺だ。境内の色と風合いの深みを味わおう。満開の桜やりんごの木、チューリップなどが鑑賞できる。