京都地下鉄で楽しい観光を

京都市街の観光スポットに便利にアクセス

Shozo Fujii   2014/04/03によって

京都への旅はJR京都駅に降り立つところから始まる人が大半だろう。

京都観光は市街地にある主要な寺社仏閣を巡るだけでも1周間位の時間は必要である。

旅行プランを立てるに当たり、どこを訪れるかを決め、そのアクセス方法を探すということになる。

 郊外へのアクセスには京都駅前のバスターミナルからのバスの他、叡山鉄道、京阪電車など色々な方法が可能だ。

その中で、市街地を東西南北に移動するのに最も便利なのが「京都市営地下鉄」である。

 東京の地下鉄のように、地下深くを駅から駅へと何百メートルも歩くことはない。

小さめとは言え、スーツケースを引いている旅行客にとって長く歩くのはしんどいものだ。

 京都駅から地下鉄に乗り、一つ目の「五条駅」、2つ目の「四条駅」、3つ目の「烏丸御池駅」のいずれかで下車すれば大半のホテルに着ける。

アーリーチェックイン、そうでなければ、荷物を預かってもらって、軽装で観光へ出発だ。

それも、もう一度地下鉄に乗って行ける。

烏丸御池駅から東西線地下鉄に乗り換えることができる。

西へは「二条城」が2つ目、、東へは南禅寺へと至る琵琶湖疏水歩きの出発点「蹴上駅」が4つ目である。

北へ2つ目が「今出川駅」。北野天満宮がすぐである。

金閣寺も近い。

 初乗り運賃は大人が¥210。

JR京都駅で大勢の人が乗り込んできたとしても東京のようなすし詰めは無い。烏丸御池までに車内はがらんと空く。

 車内に立っていると、前後左右で違う外国語が聞こえるのも京都の地下鉄ならではだ。

多くの観光客を世界中から引きつけて止まない京都。

その観光は、地下鉄と観光スポットを重ねて、楽しい行程表を作りたいものである。

Shozo Fujiiさんによって書かれました。
ジャパントラベルのパートナー

会話に参加する