京都御所を歩く~1

御車寄(おくるまよせ)から新御車寄(しんみくるまよせ)

Shozo Fujii   2014/11/26によって

京都御所(きょうとごしょ)は京都御苑(きょうとぎょえん)の中にある。延暦(えんれき)13(794)年、桓武(かんむ)天皇が遷都(せんと)した平安京(へいあんきょう)の大内裏(だいだいり)の中ほどに天皇の住まいである内裏(皇居)があった。内裏が火災(かさい)にあうと天皇は貴族の私邸など京中の殿邸(でんてい)を仮皇居とした。これは里内裏(さとだいり)と呼ばれるが、平安時代の後期以降、元の内裏は次第に使われなくなり、里内裏が日常の皇居とされるようになった。現在の京都御所は土御門東洞院殿(つちみかどひがしのとういんどの)と言われた里内裏が発展したものである。「御車寄」は昇殿(しょうでん)を許された者が参内するときの玄関である。「新御車寄」は天皇皇后専用の玄関である。

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @Shozo Fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.