京都御苑散策

豊かな植栽と歴史ある建築物を眺め楽しむ

Shozo Fujii   2014/11/28によって

御所の他に、京都迎賓館(げいひんかん)と大宮御所(おおみやごしょ京都御苑(きょうとぎょえん)は古の平安京内裏を模して構築された京都御所を含む、東西に700メートル、南北に1300メートルの広大な公園である。)、仙洞御所(せんとうごしょ)がある。歴代の天皇とその皇族が住み、御苑の周辺には貴族・公家衆が住まいを構えていた。古くからの建物はこれまでにほとんどが焼失しており、現存しているのは「閑院宮家(かんいんのみやけ)」の邸宅などわずかである。御所は普段は非公開(文書で見学申し込みを事前に行う必要がある)となっているが、年に二度、春秋にそれぞれ数日間、一般公開される。御苑内では500種もの植物を楽しめる。多くは明治時代以降に植えられたものである。野鳥も数多い。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー