京都・嵯峨野「二尊院」参詣~1

山門から本堂へ

Shozo Fujii   2014/11/21によって

京都・嵯峨野(さがの)は小倉山(おぐらやま)のふもとに佇む「二尊院(にそんいん)」。本尊(ほんぞん)に釈迦如来(しゃかにょらい)と阿弥陀如来(あみだにょらい)とを祀(まつ)るため二尊院と呼ばれる。正式には「小倉山二尊教院華台寺(おぐらやまにそんきょういんけだいじ)」。「総門」(そうもん)と呼ばれる山門をくぐると、紅葉の時季がひときわ美しいとされる「紅葉の馬場」(もみじのばば)の参道が幅広くゆったりと続いている。突き当りの本堂を囲む塀を左に折れると、二尊院で現存する最古の建築物「勅使門」(ちょくしもん)、別名「唐門」(からもん)が堂々とそびえている。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.