奥嵯峨の草庵 祇王寺

悲話漂う竹林の尼寺

Masayoshi Hirose   2014/09/21によって

ここは嵯峨野 竹林の里の奥に位置する尼寺。

京都でも屈指の苔の庭の美しさで有名な祇王寺である。

いにしえの昔平安の頃、時の権力者から一身に寵愛を受けた元白拍子の姉妹が悲しい運命からこの地で世捨て人になった。

その名は祇王(ぎおう)・祇女(ぎじょ)と母親の刀自(とうじ)、それに運命の引き金になった仏御前(ほとけごぜ)。複雑な関係の4人の女性がこの尼寺で余生を過ごした。

静かに暮らした4人には、この色鮮やかな紅葉、どのように映っていたのだろう?

Masayoshi Hiroseさんによって撮影されました
ジャパントラベルのメンバー