神戸「北野天満神社」

異人館街の天満宮

Shozo Fujii   2014/09/22によって

神戸の異人館街にあるこの「北野天満神社」は、平清盛が京都から福原に遷都する際、鬼門鎮護、禁裏守護の神として京都北野天満宮を勧請して建立されたのが起こりである。菅原道真公は祟り神として恐れられ、それを鎮魂するために京都北野天満宮は建てられた。その祟り神=守り神として清盛は菅原道真公を畏怖し崇めたのだ。京都の天満宮に比べればとても規模の小さな神社である。異人館街にあったおかげで戦時中の空襲も逃れて今に至る。この界隈の北野町の名はこの神社から来ている。ここでは天神様の細道は傾斜のきつい長い石段である。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー