秩父市・ちちぶ銘仙館

絹織物の秩父銘仙

Masato Kitamura   によって

12月4日埼玉県秩父市にある秩父銘仙館に行きました。ここは2回目の訪問です。明治から昭和初期まで秩父は群馬県および長野県とともに養蚕、生糸の生産、絹織物の製造が盛んでした。当時生糸は日本の主要な輸出産業でした。当時の産業試験場がその後秩父銘仙館に生れ変わり、秩父銘仙の技術を紹介する博物館となっています。現在は小規模で伝統工芸として受け継がれています。ここに来ると昔の衣服の記憶がよみがえり、懐かしい思いがします。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Masato Kitamura

Masato Kitamura @masato.kitamura

I was born and grew up in Nagano city. After that I lived in Osaka nine years. Later years I live in Kanto plain. I worked for 36 years as a programmer and related business in a software company. I was retirement of 60 years old. Now I’m doing a part-time job at near my house. I like personal computers. I enjoy to plan a trip and to go sightseeing. I like to look for cheap hotels.

Masato Kitamura