土呂駅前 LIFEAT(リフィート)

日本の粉を使い、繊細な味に仕上がったカンパーニュ

Kaori Odaka   2015/02/26によって

オーガニックレーズンの甘酸っぱさと、香ばしく歯ごたえのよいクルミが、ほのかな酸味を湛えたカンパーニュとよく合い、噛めば噛むほどに深い味わいをかもしだす。土呂駅1分にあるパン屋「LIFEAT」(リフィート)の「クルミとレーズンのカンパーニュ」は、まさに主役級のパンだ。石窯の中に70cmという長さで焼くことで、皮はパリッと、内側はしっとりもちもちのコントラストを生み出している。

LIFEATのハード系のパンは、ヨーロッパ伝統製法に基づき、レーズンに付いた天然酵母を培養して使う。全粒粉のかけつぎで酵母を増やしていくことにより、年数を重ねるごとに味に深みがでてくるという。十分に熱した石窯で焼くので遠赤外線熱がじっくりと中まで伝わり、食べ応えのあるパン。焼いてから日をおくごとに中の水分が落ち着き、味がよりなじむ。

アカシアの蜂蜜とよつ葉バターをブレンドして、細長いパンにサンドした「はちみつクリームパン」は、子どもに人気の商品。ソフト系のパンは、グルテン量が多い北海道産小麦を使うことでパンがより柔らかく食感が優しくなる。アカシアの蜂蜜はくせがなく、バターを引き立て、香り高いので柔らかいパンとの相性がいい。

小麦の焼けた香ばしい香りが広がる店内は、大きな窓からやわらかな日差しが差し込む優しい空間。盆栽やインテリアがオーナーのセンスを感じさせ居心地がいい。気さくなスタッフは食べ方の相談にものってくれるので、お好みのパンと料理やワインとの組み合わせをみつけてもいいだろう。

LIFEATのコンセプトは「麦を通して健康で幸せな生活をお届け」すること。建物全体には、瓦葺、日本木材、漆喰壁など日本の天然素材を取り入れており、新しさと伝統のバランスがとれた一戸建ての店舗になっている。地産池消にこだわり、日本の良さを店全体から感じることができるパン屋を訪ねてみてはいかがだろうか。

Kaori Odakaさんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー

会話に参加する