サントリー山崎蒸留所

ウィスキー蒸留所ツアー

Shozo Fujii   2013/09/27によって

ウィスキーはブレンド・ウィスキーとモルトウィスキーがある。

ブレンドウィスキーは、大麦麦芽で作るモルトウィスキーとトウモロコシなどの穀物で作るグレーンウィスキーをブレンドして作られる。

一方、モルトウィスキーとは、大麦麦芽(モルト)のみを原料とするものを呼ぶ。アメリカンウィスキーとスコッチウィスキーでは定義が若干異なる。アメリカンウィスキーでは大麦が原料の51%以上を占めるものを指す。アメリカン・ウイスキーでは大麦のみを原料とするものが、一方、スコッチ・ウイスキーでは1つの蒸留所で作られたモルトウイスキーのみを瓶詰めしたものを、シングルモルトウイスキーと呼ばれている。

スコッチウィスキーの定義で、サントリー山崎蒸溜所はまさに「シングルモルトウイスキー」である。

この山崎をもって日本のウィスキーは"Japanese Whisky"として今や、世界5大ウィスキー(スコッチ、アイリッシュ、カナディアン、アメリカン、そして日本)の一つにランク付けされているのである。

ウィスキーの聖地というのは決して過言ではない。

だから、この「山崎」を私はずっと訪れたいと願っていた。

それがついに叶ったのだ。

JR東海道線。京都駅から約30分。

京都から近いが住所は大阪府。

そう、京都府との県境に在るのだ。

「山崎駅」は、世界のSUNTORYがあるにしては想像できない小さなローカル駅である。

駅から西に10分ほど歩くと線路の踏み切りの向こうに「山崎」の看板が神々しく光ってる。

蒸留所の中を見て行く。

水無瀬川の名水をもって、山崎の深い霧に抱かれ、眠り続けるモルトの樽。

3段重ねの樽は上中下の場所によっても、熟成庫の場所によってもニュアンスが変わってくるほど、この樽熟成はデリケートなのだそうだ。実に楽しいツアーである。

Shozo Fujiiさんによって書かれました。
ジャパントラベルのパートナー

会話に参加する